会員限定ブログ

ALL

IROCKS2018 塩﨑啓示の出演者解説!「I ROCKS 2018 盟友紹介編」その15

塩﨑啓示の出演者解説!「I ROCKS 2018 盟友紹介編」その15


あけましておめでとうございます。
今年も始まりましたね。
きっと今年もあっという間に感じる一年になるでしょう。
反省しても後悔しないように、今年一年駆け抜けましょう!

さて、もう2ヶ月後に迫ってきましたI ROCKS 2018
ここでおさらいです。



今回の先行販売が一般発売前のラストチャンスとなります!
受付は1月8日までですぞ!

【I ROCKSオフィシャル最終先行】
受付期間:12/16(土)12:00〜1/8(月・祝)23:59
受付URL: http://eplus.jp/irocks2018ep/

お忘れないようによろしくどうぞ(・_・)ゞ
 



さて、新年一発目、15組目の紹介する出演者はこちら!



バンド名にスーパーが付く、その名の通りスーパーなバンド。

スーパーというより、“超ウルトラグレートデリシャスワンダフル”とか付いててもいいんじゃないかというほど、

それぐらいすんばらしいバンドです。




そう、





SUPER BEAVER!

 

SUPER BEAVER(スーパービーバー)

ボーカル、ギター、ベース、ドラムのシンプルな4人編成、
正真正銘、日本詞のロックバンドです。

I ROCKSには3年連続の出演となります。
昨年に引き続き、I ROCKS終演後の打ち上げ会場にて、翌年の出演を約束してくれるという、
とてもとてもI ROCKS愛に溢れたバンドです。
そして、打ち上げでは、なせか毎回泣くっていう。。笑


そんな彼らが、先日ついに嬉しい発表をしました。

「SUPER BEAVER日本武道館公演決定」

一度メジャーを経験し、インディーで地道にひたむきに活動してきた彼らのこの発表は、
バンドマン以外にも多くの人に夢や希望を与えたんじゃないでしょうか。

その武道館の解禁の瞬間をどうしても生で味わいたくて、先日のツアーファイナルZepp東京まで駆けつけました。


BLITZもZepp DCも野音も、これまでの彼らにとって大事な場面を見てきたけど、
この日ほど感動したライブはないです。
たまたまVo.ぶーやんのご両親の後ろの席だったんだけど、親父さんの涙にはつられましたよ。。泣
自分のことのように嬉しかったなぁ。
2018年4月30日(月•祝) 日本武道館
みんなで駆けつけますぞ!


ビーバーとの関係を一言で言うなら「盟友」ではありますが、
その前に「友」であると思っています。


ボーカル同士も仲が良い。

LACCO TOWER ケイスケ
SUPER BEAVER ぶーやん
GOOD ON THE REEL 千野ちゃん

I ROCKSに出演するこのピンボーカル3人。
あまり群れないこの3人が、プライベートでよく飲みに行っているっていうのが面白い。
三人が揃う3/31I ROCKSの打ち上げでは、おそらく隅っこの方で3人でしゅっぽりやってると思います。笑



ベース同士も同じく。
Ba.研太とは飲みにも行くし、「上杉ラーメン部」という活動もしています。
ラーメン部というと、よくあるのが美味しいラーメンを求めていろんなラーメン屋を食べ歩く活動ですが、
上杉ラーメン部のコンセプトは一から作ります。

ラーメン部の部員は、全国のラーメンを食べているバンドマンの集まり。過去にラーメン屋勤務の職歴があったり、調理師免許持っていたり、結構ガチです。


こちらは、以前「音流」でも紹介され、
MCの怒髪天増子さんにも絶賛だった「醤油豚骨」


部員は、リーダー研太を中心に、ビーバーマネージャーのゆーま、ircleいいちゃん、オーラルあきら、QOOLAND菅、Amelieあっきー、最近入部したSIX LOUNGEりく。



そして、幽霊部員のヤマモトヒロキこと、マイヘアのバヤ。


今年こそ参加しなさい。笑

いつかフェスなどで出店した際は、是非食べてみてくださいな!
お世辞抜きでめっちゃうまいです!




話は変わって、昨年、FM GUNMAにてビーバーの特番を収録した時のこと。
ぶーやんとやなぎコンビが収録しているところにお邪魔しました。

FM GUNMA市川さん進行のもと、ぶーやん、やなぎコンビがブースで喋っている外で聞いておりました。


「LACCO TOWERのメンバーのイメージを一言ずつ教えてください」

こんな問いに対して二人はこう答えたのです……

これは聞き捨てならん、とっさにメモりました。

Ba.暴力リーダー
Vo.かもくなヒーロー
Gt.女形
Dr.げんきょう
Key.奇人


暴力リーダーて。。
ずっとずっと忘れません(根は深いぞw)




振り返ると、ビーバーとは数年前の高松や広島での熾烈な2マン辺りから急接近した気がします。
ラッコ VS ビーバー 2マン
日本語にするなら「猟虎 対 海狸の戦い」です。

先にすげー良いライブをしたビーバーが
「あとは先輩、もちろんこれ以上のライブかましてくださいね」
こんな風に挑発してくる感じがたまらなかった。

勝ちとか負けとかじゃないけど、お互いが認め合えるようになってから分かち合うのも早かった。


打ち上げでは、気付けばこんなありさま。


この後、ドラムのヒロは強制的にゴリラ界へ…。

こんな感じでパートごとで愛を確かめ合うという、、

ヒロと重田、研太と俺、やなぎと大介(真一以外w)




後はボーカルの二人。

こんな流れで、絶対にやりそうにない二人。


その矢先……




即接吻!!!

むしろ準備してたんじゃないかっていうほどに食い気味でした。。笑
こんな打ち上げを経てからでしょうか。プライベートでよく飲みに行く仲になったのは。笑



そんなSUPER BEAVER
I ROCKSで見るビーバーは、愛がものすごいんだ。
今年は音楽センターを武道館に変えちゃうくらいのライブをするんだろうな。





SUPER BEAVERっていうバンドは、
あのメンバー4人とスタッフから溢れる人間味が、
そのままライブで歌となって言葉となって魂となって届ける。

だから心に響く。だから好きなんだ。



---------

公演名:I ROCKS 2018 stand by LACCO TOWER
日程:2018年3月30日(金)、31日(土)、4月1日(日)
会場:群馬音楽センター

【2018年3月30日(金)】
松川ケイスケと真一ジェット/UNCHAIN/海北大輔(LOST IN TIME)/and more

【2018年3月31日(土)】
LACCO TOWER/a flood of circle/嘘とカメレオン/KAKASHI/GOOD ON THE REEL/cinema staff/SUPER BEAVER/Sourire/NUBO/Halo at 四畳半/秀吉/ラックライフ/and more

【2018年4月1日(日)】
LACCO TOWER/ircle/Ivy to Fraudulent Game/アルカラ/Age Factory/SAKANAMON/SIX LOUNGE/四星球/FOMARE/Rhythmic Toy World/and more

【I ROCKSオフィシャル最終先行(先着)】
受付期間:12/16(土)12:00~1/8(月・祝)23:59
チケット詳細: http://eplus.jp/irocks2018ep/

【問い合わせ】
I ROCKS 2018オフィシャルウェブサイト: http://irocks.jp/2018/

---------

《おまけ》

・塩﨑啓示が選ぶSUPER BEAVERのベストソングは?

名曲が多過ぎて悩みますが、最終的にこの曲のこのメッセージにたどり着きました。
全てを包み込む心に響く歌です。
ライブでこの曲を聞くたびにいつも思います。「こちらこそありがとう」と。

「ありがとう」
https://www.youtube.com/watch?v=Q1Xzw12qMgk